美容や日々の健康には健康茶を欠かさずに愛飲しましょう。毎日続けることが元気に過ごす秘訣です。

2013年07月01日

イカリソウ茶

注目→エピメジン
イカリソウ(イカリ草)は、東北地方以南、大平洋側の山地の木陰に自生する植物です。草丈は30-40pで、船の錨に似た形の淡柴色、または白いろの花を咲かせます。中国では古くから精力増強の薬として使われ、生薬名は「いんようかく」といいます。この名前は、イカリ草を食べた羊が1日中交尾したという話しに由来しています。イカリソウに含まれるエピメジンという成分には、精液分泌作用があります。また性ホルモンの分泌を促し知覚神経を興奮させ、触覚や聴覚が敏感になる働きもあります。このような強精作用だけでなく、不妊症の改善にも効果があるため、子どもを望む夫婦におすすめしたい健康茶です。また疲労回復や健胃、ノイローゼやひいかりそうは、庭先の小さなスペースやプランターなどで栽培が可能な薬草です。春から初夏にかけてちょうど花が咲き終えたところの葉と茎を採取し、陰干しして乾燥させたものを煎じれば、手づくリのイカリソウ茶が楽しめます。細かく刻んだ茶葉(50c前後)と焼酎、氷砂糖を容器に入れ、冷暗所に1-4ヶ月ほど置けば、イカリソウ酒ができます。酒は茶よりも体内への吸収がはやく、効果がすぐに現れます。寝る前に一杯飲めば不眠症の改善に効果があり、食間に飲めば食欲不振や低血圧症の改善が期待できます。ただし、多量に用いると胃に負担がかかるので摂取は適量にしましょう。
posted by 健康茶マイスター at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康茶 ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。